ボルト・ネジ・建築金物 株式会社 トーテック  
320-0065 栃木県宇都宮市駒生町1623-1   

         
ボルト・ネジ・建築金物の
       ベストパートナー
新壁材『エコ大谷ストーン』新発売!
環境にやさしく、吸湿・保温壁材『エコ大谷ストーン』販売開始!
地元宇都宮産の大谷石100%使用。
エコ大谷ストーン
エコ大谷ストーンの特長
 『エコ大谷ストーン』は、天然大谷石の粉末を骨材とし、特殊な混和材料とブレンドする
 ことにより、大谷石を塗壁材として使用できるようにした、プレミックスタイプの
 塗壁材です。
 大谷石の独特の風合や、大谷石に含まれるゼオライトによる、調湿・消臭効果を、
 手軽に活用できます。ぜひご検討ください。
● 大谷石とは

 大谷石とは、正式学術名称:流紋岩質角礫であり、凝灰岩の一種に該当します。
 約2,000万年前の日本列島の大半がまだ海中にあり、その一部がわずかに水面上に
 出ていた時代、火山の爆発により噴出した火山灰性の物質が、海水中に堆積し凝固して
 できたといわれています。

 大谷石採掘可能地域中心から所々に凝灰岩として露出し、
 その景観は『陸の松島』と呼ばれるほど荘厳な雰囲気を醸し出しています。
 採掘区域は、中心部から東西に約3Km、南北に約6Km及んでいます。

 大谷石は、古くは古墳時代に横穴式石室として利用されてから現在に至るまで、
 その時代にあった利用法で活躍してきました。
 近年では、1922年にアメリカの建築家フランク・ロイド・ライトの設計により
 東京の旧帝国ホテルに利用され、以来大谷石の知名度は全国的に広まり、
 建築材として認知されるようになりました。
 現在では、大谷石の優れた様々な効能が研究され内装材としての需要が急増しています。
 見た目の温かさに加え、脱臭効果調湿効果音響効果マイナスイオン発生による
 癒し効果が注目され、今建材としてもっとも魅力的な素材の一つです。

大谷石採掘現場    【大谷石の成分】
   珪酸      66.96%
   第二酸化鉄   1.85%
   アルミニウム  12.55%
   マンガン    0.06%
   マグネシウム  0.47%
   カリ      2.35%
   ナトリウム   2.87%
   水分      11.02%
● 種類
エコ大谷ストーンの種類
● 性能
ホルムアルデヒド除去能力 消臭効果
市販の珪藻土と較べて、
2倍以上の除去能力!

ホルムアルデヒド除去試験
濃度100ppmのアンモニアガスを
60分でほぼ完全除去!

脱臭効果試験
調湿 防火断熱

室内の湿気を吸収、調湿!


吸湿試験
断熱性に優れ、
一年を通して快適な湿度を保ち
防火材として火災燃焼を防ぐ!

発熱試験

   当商品の詳細については、お問合せから、資料請求お願いいたします。

本商品のリーフレットは、
以下からダウンロードできます。

ダウンロード



 
  

 320-0065 栃木県宇都宮市駒生町1623-1
 TEL:028-652-3807
 FAX:028-652-3816
 URL: http://www.to-tekku.co.jp


ホーム 取扱商品 エコ大谷ストーン 会社案内 お問合せ サイトマップ
ボルト・ネジ・建築金物の トーテック 320-0065 栃木県宇都宮市駒生町1623-1 TEL:028-652-3807 FAX:028-652-3816
All Rights Reserved by トーテック